MY工房

2013年11月20日

2尺2寸管 等寸管の製作です 型尺棒KB-22B(開発中)を使用しました
「参勇会」民謡の会です ここの社中は 等寸管 仕様ですので 全長667mmで設計しました

 
 右側三本の スジは 割れ止めです
締めの糸は「ケプラー」を使用しました
左に一本あるスジは(管尻から60mm位に 接ぎ木してます)
 飾り輪の下に 見えない様に接ぎ木してます
真ん中のスジは「割れ止め糸」ではありません
5mm位短かったので、接ぎ木しました
   
 唄口は 黒水牛の角です  上管の飾り輪の下に二本割れ止めしてます
締めの糸は「ケプラー」を使用しました
   
 中継に桜の皮を飾りました  2尺2寸 等寸管 の 完成です
   
   







2013年2月16日

今年 採取したばかりの竹 枯れ竹ですが 製作中です

 1尺6寸延管です   1尺9寸延管です
   
 今年 採取した 「枯れ竹」 唄口部分に 大きな割れが入ってます 同じく 「枯れ竹」の 唄口部分に 大きな割れが入ってます 
   
ケプラー糸で 18か所巻いて 割れ止めしました   ケプラー糸で割れを止 表面に籐を巻きました  
   
唄口部を傾斜を付けて 削りました 石膏の硬化が早くて 外すのに 手間取ってしまいました 
   
 黒水牛の角が少しあったので 入れてみました なんとか 固まりかけた 表面の余分な石膏を 取り除きました 
   
地付けの準備です  実は かなり 頑固に 張り付いた 石膏を 「のこ」で剥がしたら
こんなになって しまいました (><)  残念 でも 
地付けはうまく できたようです
   
 型尺棒KB-16Bを 今回使っております 管尻は OK です 
   失敗の 反省点 気温が 低いので 石膏の硬化速度も

遅くなるだろうと 油断して ベントチューブを洗っている間に

唄口部の 受け皿に溜まっていた 石膏が カチカチに

なってしまいました あわてて 鋸で 剥がそうと 必死になって

竹の 端っこに 鋸の刃が 入って しまいました

 地付けは 10分で完成  早い  
   ベントチューブは 細い管なので 石膏を洗い流すのに 

いつも 手を焼きます この部分は かなり早い 段階で

処理 しましょう  4〜5分(水と石膏が混ざった時点から)

硬化し始めると あっと いう間に カチカチです

石膏の流動性が 無くなったら とにかく 早めに 早めに

くれぐれも ご注意ください
 管尻側も 綺麗に 地が入りました  
   
 一日置いて 手孔の穴を 開けました こちらも  一日置いて 手孔の穴を 開けました
   
漆 2回 塗りました 顎辺り 少し調整してます
表面は 椿油で 2000番 水砥ぎで仕上げてます 
こちらも 漆 2回 塗りました 顎辺り 少し調整してます 
 表面は 椿油で 2000番 水砥ぎで仕上げてます






2013年1月28日

今日は 今年掘った竹の 整理です

 
 根の泥を 取り除いています
 
 余分な 根を 切り落としています
 
 切り落とす時 使う根に 傷が付かない様 慎重に 鋸を回します
 
 張り根の 余分な 部分を 削ります 
 
 グラインダーで削ると 根の甘皮が 剥がれません
 
 竹の太さは直径 32mm〜36mm この範囲が限界です
 
 この後 青竹は 油抜きして 日光に晒します





2012年9月

型尺棒 上下 内径設計 変更しました KB-○○A シリーズ 実験中です
今回の変更 内容は 「円山」作 1尺8寸 を模写しております

 
 中継の位置は 3と4孔の中間になるよう 全長から割り出します
 
 唄口の位置は 竹の線を見て 慎重に 決めます