採寸ゲージ     竹堀ゲージ  TOP



「採寸ゲージ」
尺八の寸法を測るとき、竹の内部に差し入れたり
竹の表面に当てて、手孔や中継の位置を
測定します



「竹堀ゲージ」

竹材を採取するとき、手孔の位置や、長さを
地中に隠れている、根を掘り出さなくても
測定出来ます




 採寸ゲージ  
      
採寸ゲージ シール
手孔の位置を決める時に便利な計測ゲージです
2×12×500L〜800Lのヒノキ材に
目盛りが印刷された粘着シールを貼りつけて使用します


(等律管)1尺3寸〜1尺6寸 型番 SEEL-1R
(等律管)1尺7寸〜2尺   型番 SEEL-2R
(等律管)2尺1寸〜2尺4寸 型番 SEEL-3R
 
採寸ゲージ (組み立て品)

(等律管)1尺3寸〜1尺6寸 型番 SG-001R
(等律管)1尺7寸〜2尺   型番 SG-002R
(等律管)2尺1寸〜2尺4寸 型番 SG-003R
 
 
ヒノキ 2×12×500〜800Lにシールを貼りつけて使用 シールは粘着テープになっております    
     
竹堀ゲージ    
      
竹堀ゲージ シール
は竹材を選定する時に便利な測定ゲージです
3×20×300〜440のヒノキ材に目盛りが印刷された粘着シールを貼りつけて使用します
組み立て品は 表面に透明シートを被せて、防水加工されています


(等律管)1尺3寸〜1尺8寸 型番 SEEL-7R
(等律管)1尺9寸〜2尺4寸 型番 SEEL-8R
 
 
   
透明熱収縮チューブ 型番 A-20
(防水加工用保護チューブ)透明
 
竹堀ゲージ (組み立品) 防水、防汚れ、加工
(等律管)1尺3寸〜1尺8寸 型番 TG-001R
(等律管)1尺9寸〜2尺4寸 型番 TG-002R
  
 
 ヒノキ 3×20×300〜450Lにシールを貼りつけて使用 シールは粘着テープになっております
表面を透明熱収縮チューブで覆えば水滴や汚れからゲージをガードしてくれます
** 
 



採寸ゲージの取り扱い説明

菅全長の計り方: 菅の中心部へゲージを差し込んで、歌口(菅頭)から菅尻出口の最短距離で計測する   
   
手孔位置の測り方: 歌口(菅頭)を基準にゲージを合わせて1〜5孔を計測する 
(注意:手孔は全て10.5mmΦとする 手孔を11φにする場合は目盛り位置より管尻側に約5mm下げる)
 
全長が少し長い場合は、中継部で調整します  全長が短い場合は、歌口を8節に上げて、一つ節下ろして、中継で調整します 
   



竹堀ゲージの取り扱い説明

  1
竹の根の部分は、
深く地中に埋まっています
根の部分を必要とする尺八の寸法を
計測する為には
地中に埋まっている部分を
掘り出さなくてはなりません

 

2
尺八に出来る竹材を
掘り出す前に、
根の部分の
長さを推測して、
必要とする尺八の節寸法を
計測する方法があります
   
 
3
竹堀採取には、この「竹堀ゲージ」が便利です


下管側の3節部分に「竹堀ゲージ」を当てます
1孔、2孔、3孔、中継
それぞれの位置が所定の節間に納まる
尺八寸法を探します

下管側で決めた尺八寸法の目盛りを
上管側の歌口に当たる部分に
「竹堀ゲージ」を逆向きに当てます
5孔、4孔、中継
それぞれの位置が所定の節間に納まるか
確認します





 
  4
左の要領で決めた尺八の
1孔、2孔、3孔、中継、4孔、5孔
の位置を記して中継部分で切り詰めて、
製作する事となります

また中継部分が重なって、切り詰める
余裕が無い時は
歌口の位置を、ひとつ上部の節に移して
再度上管部分を計測して
余分な部分を大きく切つめて
製作する事になります









ゲージの合わせ方は、
この様なイメージです、